こんな夜更けにバナナかよ

先日、ちょっとヒマだったので映画を観にゆきました。

テレビのCMで興味をそそられたので、観た感想ですが

「こんな夜更けにバナナかよ」という題名からして

コメディかと思っていましたが、内容はほぼ実話で本来は深刻な問題が

主体でした、筋ジストロフィーという体中の筋肉が徐々に退化して

自分では何も出来なくなってしまい、ほぼ寝たきりの病気になって

しまった男性を、多数のボランティアが交代で生活の全ての面倒を

みるという、まったく考えたことの無かった、想像できないお話でした。

夜中に突然にバナナが食べたくなっても、自分では一歩も動けない主人公が

ボランティアに頼んでも店はどこも開いていないことで、ボランティアが

愚痴った言葉でした、笑えるコメディーチィックな面白い映画ではありましたが

裏を返せば深刻な問題であることを考えさせてくれた映画でした。

by ともじい

 

 

This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です