ボヘミアン ラプソディ

「クィーン」のボーカルで、1991年に45歳で亡くなったフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画。

どうやって名曲が生まれたか、そしてその曲が全編にわたって使用されている。聞いた事のある曲ではあったけど、フレディ・マーキュリーについては全く知りませんでした。

音楽を楽しみながら観られる映画です。クライマックスのライブシーンはコンサート会場にいるかと思うほどの迫力です。

もう少しすると「レディガガ」の映画も公開されるようで楽しみです。

by つか

This entry was posted in 日記, 未分類. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です